永久運動

日記のような、随筆のような、ただ思ったことをつらつらと書きつらねるところです

心機一転

もう二月になるけどそんな実感は特になくて、一月の思い出っつうかなにしたかなんて特になくて、やっぱりないんなら気持ち的には一月じゃないのって感じだけどそんなことはない。二月の後半なのだ。最近自分がなにをしていたのか記憶があんまりないまま、そしてなにも考えずに生きていたんだと外の寒さを顔に感じながら思う。まだ冬だ。ほんとに二月の後半なのか。

 

地面は思ったより寝やすくて、あったかい。冬なのに。地面に伏せていると立ったときより体ぜんたいで受ける冷たい風の量が減る気がするのだけれど、これはどうなんでしょうね。そのとき木の葉がすべて散り、シルエットになった黒い枝が黒い空へと伸びていた。この時期の朝六時は朝っぽくない暗さで僕自身を大きく覆っていて、このあいだ買った革靴は見えないところで傷だらけになっていて、無数についてしまった革靴の傷はクリームや墨で簡単に消えるのだけれど、なんというか自分と違いすぎていろいろ変化とか焦燥とか悲愴とか、なぜか敗北感とかいろいろぎゅるるると自分を置いてものすごいスピードでこみあげてきて、黒く大きすぎる京都の空に向けて目から食塩水が染み出していて、時計は六時半を指していた。

 

open.spotify.com

 

この歌を記しておく。どことなくZARDを思わせて一人泣いた鴨川の河川敷の冷たい風を受けて感じた涙のにおいを思い出す。過去をみてもどこにもいけないが、そこから得られるなにかがあるし、人は何からでも学べるってどこかでみたがどこで見たかは忘れてしまった。変化は進化だ。それが良い変化か悪い変化かは変化したあと結果的にわかることであって、変化する前に良いか悪いかを判断するのはナンセンスであるのだろう。

 

 

 

毎日

毎日なんというかどうでもいい感じですごしてバイトしてバイトしてバイトして帰宅してなんでもなくスマホ見てなんか1時間経ってて冷たいあたたかい風呂にはいって空気を見つめて毛布にくるまって天井を眺めていたらもう朝の5時とかで、窓を開けたら湿った朝が部屋に流れ出して新しい1日の到来を微妙に体感して。昼夜なんて基準は自分で決めるものではなく自分を取り巻くあらゆる環境が決めるものであるので、実際自分にとってはそんな毎日の過ごし方は何ら問題ないわけで、でも実際内面的にはそうでもないわけだからこうやって文字にしているのであって。そういうわけでなぜか勝手に新年が始まる。知ったことか。ただバイトが休みなだけで自分は助かるからいいけれど、それでも人肌恋しいというのはやはりあるのでそのためにあーーーいう人が僕にはいるのであって。しかしことは簡単にゆかないからこうして文字にしているのだ。

 

あれから変わったことは新しいバイトを始めただけで特になにも変わってはおらず、いまだにボケっとして時間を消費してる。やっぱり電車の窓からみる高速で流れる景色は好きだし夕日とか夜景は好きだしなんか思いすぎて泣きそうになることもある。人ってそんな簡単に変わることはないのですね。本質の自分を新しい環境でごまかしてぼやけさせるってのはあるらしいけれど。

 

寒くなってきて最近指が乾燥してところどころ指紋が消えたし血は出てないけど変に細かい傷できてるし親指にいたっては硬化して触覚がないっていう不思議な感覚がしている。去年はこんな感じの指だったかなって思いだしたけど去年の自分が何を考えてすごしていたのかは全く覚えてないし、覚えてることといえば好きな女と飯にいっていろいろ喋ったことだが話した内容は覚えてないので、どうせ下らない会話でもしてたんだろうなと諦めかけてその時の自分がものすごく未熟なように思えた。たった1年前なのに。

 

なんかいつもぼーっとしてて眠そうでなんか考えてるよね~~~って言われて嘘????ってなったのはほんの1週間ぐらい前の出来事で、確かにそんなにぼーっとしてるかなってバイト中の自分を思い返していたらほらそんな感じってほっぺたつんつんされたのも1週間前。世の中1人称視点ではわからないことだらけだし客観視っていっても事実上1人称視点であることに変わりはないのだ。要するに1人でいることの有効性って思っているほど高くはないということであるのだが1人でものを考えるのは意外に楽しいことであるので困るということなのだ。

 

 

雨の日

4月は後半の雨の日の今日。駅前のベンチに座りながら、雨がやむのを待っていて、しとしと降る雨粒がスニーカーのつま先を濡らす。午後3時の京都は最近の連日の暑さを忘れさせるように涼しい。空から絶え間なく降り続ける白い細かな線をぼんやり見つめながら、ずっとこんな日が続けばよいのにな~と思ったりした。

 

先日の英語の授業で、英語など多くの外国語は積極的言語とよばれるように、相手になにか聞かれたときも言うときも、1から10まですべてを伝えないといけなくて、もし相手がその話についてなにかわからないことがあったら、それは自分が伝えきれてなかったせいなのだ、と考える言語らしい。一方日本語はというと、受動的言語とよばれるように、1伝えると、聞き手側がその1から10までを自分で察して判断しなければならない言語で、聞き手になにかわからないことがあったなら、それは聞き手がちゃんと察してやれていなかった、と考える言語なのだそう。確かにこれは古文で顕著で、主語が抜けまくってるし、文を読み解くのに必要な、最小限の情報しか書かれていないことからもよくわかる。

 

さて、じゃあ「好き」ってなんやろう、って考えたとき、定義的な意味を考えるならば、あるものごとに好意をしめすこと、なんかになるのだと思うけれど、日本語を使う我々に、「好き」を伝えたとき、相手はいったいどこまで意味を汲みとるんやろうか??単純な「好き」ということばが、付き合うとか恋人になるだとか、そのようなもっと先のことまで想定してしまうんやないやろうか。ただ好きなだけ、ただずっと想ってるだけ、ただ自分にとって大切な人であるだけ、という小さくて大きな、やわらかくて壊れやすい気持ちをあらわすのに、「好き」って伝えるのではあまりにも意味を持ちすぎて、限定しすぎて、強すぎて、そして曖昧すぎる。

 

この「好き」って気持ちをどうあらわすかという適切な表現をまだ知らないから、ゆっくりじっくりのんびりぼちぼち考えている。でも連日の暑さを忘れさせるような涼しい日っていうのがいつまでも続かないように、この気持ちをもったまま、同じような関係でい続けるのもまた続かないというのもわかってはいるけれど、たまにある雨の日がうれしいように、この瞬間を、今だけを、考えることを楽しもうかなって。

 

 

そんなこんなでもう4月。今は単に3月ってわけじゃなくて、今年の3月は去年のそれとはまるで違うのは、平成30年度が終わるってだけでなく、そもそも平成そのものが終わってしまうからなのだけれど、でも別にだからといって大きく何かが変わることは無く、学年が1学年あがったほうが自分に関して大きく何かが変わるんやろうなと考えていたりする、午後8時、外は夜の雨がしとしと降ってる。

 

春休みという大学の休業期間がもう終わり、そろそろ新しい出会いが近づいてこようとしているけれど、いわゆるネット社会の今では新しい出会いなんてのは日常茶飯事であることを改めて認識したりして、そっちがものすごく忙しくなっていたけれど、実際自分がやらなければならない仕事なんかもいろいろあったりして、体は特に疲れてないけれど、疲れに似た感覚をかんじたような気がする。

 

最近はずっと家の中でゲームして本読んで、たまに梅田に行ったり天王寺に行ったりの毎日で、なんだかんだ充実しているけれど、どこかでなにか物足りない感じがしなくもない、といった贅沢な悩みをかかえて生きてる。ほんとはやらなきゃいけないことがあるってわかっているけれど、一度こういう生活するのも悪くないんじゃないかって開き直ってはまた後悔の繰り返し、今日からはまた夜しっかり寝ようとは思うけど、そっちの自分がまた起きようとするのです。最近は空もちゃーんと見れてないし、ぼーっとくだらないことを考えることもできてないから、この瞬間だけ浪人時代の思想と偶像と妄想に生かされてたあのころに戻りたいなってふと思うのだけれど、時間というのは進むだけで止まることをせず、淡い過去とは常に疎遠になるしかないうえに新しい今を常に更新し続ける現実、やっぱり疲れに似た感覚を感じるでしょう。

 

永久運動

まずは、あけましておめでとう。と記しておく。これは今後読むであろう何年か後の自分に向けての挨拶でありながらこの記事をどこかで読んでいる人にむけたものであったり。

 

さて前回このブログを更新してからかなりの年月、というか期間があいてしまったのやけども、これには特に深い理由とか納得のゆくいいわけみたいなものはいっさいなくて、単純に生活のスタイル、とか暮らし方とかその他自分をとりまくあらゆる物事、関係が、がらっと変わってしまったせいでやることなすこと、そして自分もふくむすべてが変わってしまったせい。今年はよく喋るしよく笑うしよく食べるしよく人と会ったりして、去年とは何もかもがまるっきり違っていて、家の外でやることや家のなかでやることも然り。そんなさまざまなことが移り変わってしまったせいでその変化に自分でさえも正確に理解できなくて、ただ流されるままに順応してしまったせいで去年のじぶんが見事に進化してしまい、総じてまとめると考える機会が大幅に減った。

 

考えるにはひとりでいるのがぴったりで、でも人と触れ合う機会が多くなってやっぱり一緒にいたい人っていうのはできるわけで、ならば自然と考える機会って減ってしまうし、考えなくてもよくなってしまっている現代、馬鹿のままで楽しい毎日を送っていると、どうしてもこうしてもじっくり考える機会は減りますよ。減りますね。

 

受かりたかった大阪の国公立大学に合格して、新しい友達もふえて、お金も稼げるようになって、そして20歳にもなって。浪人時代と比べると明らかに経験とか体験とか、確実に成長できたはずなのに、さていざ立ち止まって振り返ると、特に自分に成長できた点が無かったのを痛感したりして。まあそんなことをふとゲームをしてる最中に思い出したりしたのでちょっと記事を書いてみたり。

 

去年がよかったのか悪かったのか、まあそれなりに甲乙つけがたいこともあるけれど、そんな過ぎ去った過去を評価することに意味を見出せないので、生きているこの一瞬一瞬を丁寧に生きていくように、冬の白いそらを見ながら思う。

 

日々

暑くなったり肌寒くなったり、温度の変化が激しい今日この頃、みなさんいかがおすごしですか。僕はといえば、馬鹿みたいに人が乗る朝の京阪電車にもうそろそろうんざりしてきています。とはいっても自分自身もその馬鹿の一人なのではあるけれども。

 

最近多くの人とふれあう時間が増えて、なんだかんだその場を乗り切ってるうち、やっとひとりでいる時間の大切さみたいなものがわかってきた気がする。誰かといるときの自分は本当の自分ではなくて、なぜならそれは、その一緒にいる誰かに自分自身を変化、というか適応させているためで、それやから疲れるのやと僕は考える。

 

夜中、バイトから帰ってきて風呂に入って、湯船につかりながらその日一日あったことをいろいろ考える。そうして自分自身をもう一度見返してやることが、日々を上手く生きることにつながるんやないやろうか。

4月

快速電車の窓から外を見ていた午後5時、天気はよく夕日がきれいやった。電車は高速で大阪を走りぬけるので、めまぐるしく風景は移り変わるのだけれど、夕日のだす光が、団地の壁や、ひろいグラウンドや、大きな公園を照らして、それらがぼんやりと薄いオレンジにそまって、どこか古くささ、昔っぽさを思いおこさせてきて、自然としんみりとしてしまった。

 

ひとは自分が体験したもののうち、失われたものにかんしては、現存するものより、より深くの想像、ついで情をかんじるものやと思う。それが存在していない現実を身をもって知りながら、それが存在していたという事実を受け入れたとき、そのギャップやらその差などを強くかんじてしまい、そしてそれは失われたものの年度が古ければ古いほど、その悲しみは大きいんやという結論をつけておくと、僕が今日感じた古くさい町並みに何故か深い感動さえ感じてしまうという事実にも説明がつく。

 

そう考えると僕が今日感じた感動なりしんみりさ、なりは結局ひとつの一例に過ぎない。じゃあそれは何の一例か、というと時間であって、僕は一秒一秒を過去にしていっているという事実を無視することはできないのや。それがどんな内容であれ、「若さ」を少しずつではあるが無くしていっている今。数十年後の自分がこの文を読んだとき、どうおもうのか。あるいはどうも思わないのかもしれない。